月別アーカイブ: 5月 2012

「憎悪物語」

標準

これは世界の全代の最悪のものについての歌です。歌を書いたの人はハミッド・サブゼワリで歌手はタブリーズ生まれのガレバギさんです。日本語に訳さなければならないと思って、訳してみました。

PDF:  アメリカめ

世の中は無常ですよね。大切なのは人間らしく暮らすことですよね。私は悪が必ず消えると信じていす。なぜなら、この世界を変えられる人を何人も知っています。

「お互い慰め」

標準

パルヴィーン・エーテサーミー はイランの史上の女性な詩人の中に一番で、偶然また彼女もタブリーズ生まれです。彼女はペルシア語の古典詩歌の最後の世代の者で彼女の文体は柔らかで素晴らしいです。

彼女の歌の一つを訳してみました。

PDF:  お互い慰め

彼女は間違いなくペルシア語の史上の天才の一人でで、世界の文化史に一番の女性な詩人です。

「一桃千桃物語」

標準

これはまたサマッド・ベフランギの物語の一つで、私が訳してみた物です。

PDF: 一桃千桃物語

サマッドも私が生まれた街(タブリーズ)で生まれ、その地方の昔の物語を集めるように、色々な村に旅をしたり、住んだりして、村の子供達に書いたり読んだりすることを教えました。彼は共産主義者でアメリカと中がよかった制度で(革命の前に)殺された話もあります。

タブリーズ:

タブリズの近くにある村: