「一桃千桃物語」

標準

これはまたサマッド・ベフランギの物語の一つで、私が訳してみた物です。

PDF: 一桃千桃物語

サマッドも私が生まれた街(タブリーズ)で生まれ、その地方の昔の物語を集めるように、色々な村に旅をしたり、住んだりして、村の子供達に書いたり読んだりすることを教えました。彼は共産主義者でアメリカと中がよかった制度で(革命の前に)殺された話もあります。

タブリーズ:

タブリズの近くにある村:

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中