「放鳩者之禿物語」

標準

今日はテーマの先生のおかげで翻訳した物語の最初の一部を入れましょう。作家は私の生まれた町「タブリーズ」の者で、サマッド・ベフランギという共産主義者なの先生でした。日本の作家と比べれば、由紀夫三島、、、じゃなくて、夏目漱石と同様だと思います。なぜなら彼も離れた村で子供達に書いたり読んだりことを教えてくれました。そして彼にも子供の世界に物を伝える芸術がありました。

PDF:  放鳩者之禿物語

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中