ソフラブ・セペーリ

標準

詩人: ソフラブ・セペーリ

翻訳者: 甘味屋

3Jokes_Funny_Animals%20(6)

PDF: 私は、地球の始まりに近いのだ

私は、地球の始まりに近いのだ

花の脈を取ってみるのだ

水の青い定めを、木の緑な決まりを、よく知っているのだ

私の魂は、ものの新たな傾向に流れているのだ

私の魂は、年が若いのだ

私の魂は、時々興奮で咳をするのだ

私の魂は、無職であるのだ

雨の滴を、ブリックの継ぎ目を、数えてみるのだ

私の魂は、時々事実に石のように道を妨げられるのだ

私は、仲の悪い松を見たことがないのだ

地面に自分の陰を売る柳が見たことがないのだ

ただであげるのだ

楡の枝と烏も同じだ

葉がある場所に、興奮してくるのだ

芥子のブッシュに、存在の流れに、洗ってもらっているのだ

蚊の翼のように、夜明けの重みが分かるのだ

鉢のように、育って伸びる音を聞くのだ

果物の入っている買い物袋のように、早く着きたいと思うのだ

居酒屋のように、怠慢の境にいるのだ

海際の建物のように、永遠の伸びを怯えるのだ

望むほどの太陽、望むほどの接続、そして成長があるのだ

私はリンゴ一個で結構だ

カモミールのブッシュを嗅げれば、結構だ

私は一枚の鏡で、単純な形をしたもので結構だ

私は、風船が割れたら、笑わないのだ

月を真っ二つに切る哲学に笑わないのだ

私は、鶉の羽の音を知っているのだ

キジの腹の色も、山羊の足跡も知っているのだ

ルバーブはどこに生えているのかよく知っているのだ

椋鳥がいつ来るかも鶉がいつ鳴くかも隼がいつ死ぬかも知っているのだ

人生は、快い描画だ

人生は、死のほど広い翼があるのだ

人生は、愛のほど高く跳べるのだ

人生は、習慣の棚においてあるまま忘れられるものではないのだ

人生は、摘む手の引力だ

人生は、夏の渋い口の中にある最初の黒い無花果だ

人生は、虫の目が見える木の形だ

人生は、蛍が持っている闇の中の経験だ

人生は、渡り鳥が感じる淋しさだ

人生は、橋の夢に響く汽車の笛だ

人生は、飛行機の開けない窓から、庭を観ることだ

宇宙船が宇宙に飛んで行くニュースだ

「月」の寂しさを触れるってことだ

人生は、皿を洗うことだ

人生は、溝渠に十円を見つけるってことだ

人生は鏡の「平方根」だ

人生は、花の永遠「乗」だ

人生は、地球「掛ける」心臓の動きだ

人生は、呼吸の円満の幾何学だ

 

どこにいても、いいのだ

空はわたしのものだ

窓も考えも空気も、愛も地球も私のものだ

郷愁のキノコが

時々生えても

問題ではないでしょう

私は分からない

なぜ馬が忠実だと言われているのか

なぜ誰も檻の中にハゲワシを飼っていないのか

クローバーはなぜ赤いチューリップより劣ると言うのか

目を洗うべきだ

別の観方で観るべきだ

言葉を洗うべきだ

雨の中に行くべきだ

言葉は風こそ、雨こそであるべきだ

傘を閉じるべきだ

雨の中に行くべきだ

考えや思い出を、雨の中に持っていくべきだ

町の皆と一緒に、雨の中に行くべきだ

友達と雨の中に会うことだ

愛は、雨の中に探すものだ

雨の中に遊ぶべきだ

雨の中に、書くべことだ、話をするべきだ、ユリを植えるものだ

何度も何度も濡れてしまうことこそが人生だ

人生は、「今」の池に泳ぐことだ

服を脱ぎましょう

水はすぐそばにある

光を飲みましょう

村の夜を、鹿の睡眠を計りましょう

コウノトリの巣の温かさを感じましょう

芝居の規則を踏まないことにしましょう

葡萄園に味の節を緩めましょう

月が出たら、口を開けましょう

そして夜が悪いと言わないことにしましょう

籠を持ってきて

赤みや緑を持っていきましょう

朝はパンやチーズを食べて

話の曲がりに苗を植えて

音節のあいだに沈黙の種を撒きましょう

そして中に風が吹いていない本を読まないことにしましょう

クローバーの露がない本も読まないことにしましょう

そして蚊が自然から出ていくことを望まないことにしましょう

豹が創造の範囲から外されることも望まないことにしましょう

もしミミズがいなかったら、人生に何かが欠けていたと承知しましょう

シロアリがいなかったら、木の規則が害を受けていたと認めましょう

そしてもし死がなかったら、我らの手が何かを探していたでしょう

もし光がなかったら、飛翔の論理がメチャクチャになっていたでしょう

コーラルが作成される前に海の想像が何かを欠いていたと知りましょう

そして何処にいるかと聞かないことにしましょう

病院の鮮やかなペチュニアの匂いを嗅ぎましょう

そして幸せの噴水が何処にあるかと聞かないことにしましょう

なぜ真実の心が青いのかとも聞かないことにしましょう

父の父がどんな夜を過ごしていたかなとも聞かないことにしましょう

後ろに生きている世界がない

後ろに鳥が鳴いていない

後ろに風が吹いていない

後ろに風車が全部埃で覆われている

後ろに歴史の疲労があるのだ

後ろに波の思い出が浜に後退の冷たい貝を持っていく

海際に行きましょう

海に網を投げて

そして海から鮮やかさをとりましょう

地面から砂を手にとって

重みを感じましょう

熱があったら、月光のせいにしないことにしましょう

そして死を怖がらないことにしましょう

感覚が爽やかになるようにカーテンを開けましょう

成長を庭にごろごろさせてあげましょう

本能を遊ばせてあげましょう

靴を脱いで、季節を追って、花の中に走らせてあげましょう

寂しさに歌を歌わせてあげましょう

書かせてあげましょう

散歩に行かせてあげましょう

単純になりましょう

銀行の窓口にも、木の影の中にも単純にいましょう

バラの「秘密」を見破るってことは我らの義務ではない

我らの義務はバラの「魅惑」に浮かぶことかも知れない

智恵の前に幕を建てましょう

手を葉の魅惑で洗って、御馳走に行きましょう

日が出る毎朝、改めて生まれてきましょう

感覚を飛ばして

色や音、窓や花に噴きましょう

空を「存在」の漢字の間に置いて

永久を呼吸しましょう

智恵の荷物をツバメの翼から降ろしましょう

雲に上げた名を取り消しましょう

杉にも蚊にも、夏にもだ

雨の濡れている足跡を追って

頂上の愛に上りましょう

人間や光、植物や虫にドアを開けてあげましょう

我らの勤めは、

ユリの花と世紀の間に

真実の歌に従って走ることかも知れない

ソフラブ・セペーリ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中