月別アーカイブ: 7月 2013

サーデグ・へダーヤト

標準

著者 : サーでグ・へダーヤト

翻訳家 : 甘味屋

 

hedayat0444

 

何でもをを紙に書けていたら、よかった…自分の思いを他の人に理解させることができていたら、よかった…話せるようになっていたら…でも、いくつかの気持ちはね…いくつかののものはね、他の人に理解させられないのだ…他の人に話せない…馬鹿にされてしまうのだ…誰もが自分の感想によって、他人を判断するようになっている…人間の言葉も、正しく人間そのもののように不完全で弱気なのだからね…

 

『盲目の梟』から