サーデグ・へダーヤト

標準

著者 : サーでグ・へダーヤト

翻訳家 : 甘味屋

 

hedayat0444

 

何でもをを紙に書けていたら、よかった…自分の思いを他の人に理解させることができていたら、よかった…話せるようになっていたら…でも、いくつかの気持ちはね…いくつかののものはね、他の人に理解させられないのだ…他の人に話せない…馬鹿にされてしまうのだ…誰もが自分の感想によって、他人を判断するようになっている…人間の言葉も、正しく人間そのもののように不完全で弱気なのだからね…

 

『盲目の梟』から

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中