創造

標準

ル・鈷アリイリァリッル・リケリエルぽ・jpg

著者 : ミルザデー・エッシュギ

翻訳家 : 甘味屋

c4ydy

私が創造されたのは、途方もない醜聞だったのさ

私が望んだことじゃないさ、無理矢理だったかな

人民が私に、私は自分の性格に苦しんでいるのさ

神様よ、人民と私をいったい何為に苦しめるのかな

宇宙なる神様よ、私はいい加減なことしかしないのさ

私を創造した目的はいい加減なことを眺めることだったかな

私の本音はお見通しだったはずよ、いいところがないのさ

それでも私を創造して、恐れ入るけど、盲でいらっしゃったかな

私の創造を勘弁してくださったら、よかったのさ

欠けるのはただ一匹のアリだと考えていたら、よかったな

自然よ、私がいなかったら、君が不完全?それは大袈裟

母なる天よ、私を産まなかったら、不振になっていたかな

私を産んだ目的、それは知っているのさ

毎日、様々な無様を眺めることだけだな

もし空にある私の星の光や明るさ

消えたら、宇宙が暗くなっていたかな

そうさ、私の創造の理由ってさ

墓に鋳型が必要だってことだな

その為、人々を苦しみに創造するってさ

神様がいれば、あまりも寛大ではないな

創造したものを守れない神様ってさ

なんで創造したんだろう、それしかなかったかな

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中