The Quiet World 静かな世界

標準

 

著者 : ジェフリー・マックダニイェル

翻訳家 : 甘味屋

PDF : The Quiet World

 

10313362_288210901353966_5731756397023156665_n

 

静かな世界

 

人々がもっと

お互いの目の中を見るように

そしてミュートをなだめる為に

政府はこう決めた

百六十七の言葉を一人ずつに

許すこと、一日に

 

電話が鳴ると、「はい」とも言えずに、

受話器を耳に当てる、店に入ると、

チキンヌードルスープを指差す

今日もよく言葉を調整している

 

夜遅く、遠距離の恋人に電話を掛ける

言葉を五十九しか使わなかったと誇り高く報告する

残りをあなたの為に貯めたと

 

彼女が返事しないと、

言葉を全部使ってしまったと分かる

だから、ゆっくり「愛してる」と囁く

三十二回、そしてもう一回

その後、電話を切らずに、

お互いの呼吸を聞く、黙々に

 

 

The Quiet World

 

In an effort to get people to look

into each other’s eyes more,

and also to appease the mutes,

the government has decided

to allot each person exactly one hundred

and sixty-seven words, per day.

 

When the phone rings, I put it to my ear

without saying hello. In the restaurant

I point at chicken noodle soup.

I am adjusting well to the new way.

 

Late at night, I call my long distance lover,

proudly say I only used fifty-nine today.

I saved the rest for you.

 

When she doesn’t respond,

I know she’s used up all her words,

so I slowly whisper I love you

thirty-two and a third times.

After that, we just sit on the line

and listen to each other breathe.

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中